【ミラー】Windows Liveムービーメーカーを安全にダウンロード・インストールする方法

どうもこんにちは、中原電車区のトトロです。

これからメインブログのうち技術関連の記事はこちらのサイトで書いていこうかなあと考えています。

できるだけアフィカスブログみたいに内容の薄い記事にならないよう色々書いてありますがとりあえずDLしたい人は下の「インストーラーのダウンロードリンク」まで読み飛ばして、どうぞ

概要

さて本題ですが、恐らく皆さんWindowsムービーメーカー(Windows Movie Maker)が欲しくて来たんでしょ?()

糞ゴミうんこカスマイクロソフトが2012年に発表したWindows Essentials 2012の中に入ってるソフトです。(正式名称はWindows Live ムービーメーカー)

なんかどうやらWindowsムービーメーカーはもともとWindowsMeの時からOS標準で入ってるものだったのが、悪名高いVistaに更新されてからWindows Liveというネットベースのソフトウェアサービスのブランドの中に吸収されたとのこと。

Windows Liveとか最近はあまり聞きませんが、どうやら平たく言うとWindowsとオンラインを結び付けてWindows Live IDでログインする、という今のMicrosoftアカウントの前身ともいえるサービスだったようです。

だからつまり、殿様商売でオンラインにもう一度本腰を入れネットを支配しようと考えたマイクロソフトはWindows Live IDをMicrosoftアカウントにすり替え、Windows Liveという過去の遺産を葬りさりたかった模様(TDN憶測ですが

それでWindows Liveシリーズのソフトはそれぞれ、

  • Windows Live メール → Windows10標準 メール
  • Windows Live フォトギャラリー → Windows10標準 フォト
  • Windows Live ムービーメーカー → Windows10標準 フォト(動画編集機能)
    • Windows Story Remix という機能もついているが、これは動画をぶち込むとAIが自動で判別してよさげな動画を作ってくれる、というもの
    • おそらくミクチャとかそういうスマホアプリに慣れてる人向けに楽に動画が作れるようにってことでそれはそれでいいような気がしますが、正直UIが安定のクソ(そもそもUWPアプリ自体のフォントが見にくいYu Gothic UIでさらにあのタッチ操作前提のUIはなんだよホ本当にマイクロソフトはUI音痴)なので少なくともムービーメーカーに慣れてる人は少なくともそういう用途で動画作りたいんじゃない気がする
  • Windows Live Writer → 代替無し(公式からDL可能)
    • ブログの記事を投稿できるソフトっぽいですが正直Webベースのエディタが有能になり過ぎたのであまり使う人もいなかったんでしょう(いつまでDLできるかは不明)
  • Windows Live ツールバー → 悪名高いBingバー
  • Windows Live Messenger → Skypeのチャット機能に統合(Facebookとは違う)
  • Windows Live Hotmail(Web) → Outlook.com(Gmailの対抗的な奴らしい)

他にもいろいろあるみたいですが使われてたのはこれくらいですかねえ(詳しくはWiki見て、どうぞ)

という訳でWindows10標準アプリにほとんどのアプリを置き換えようとしたMicrosoftですが、

  • 代替アプリのUIがかなり違う(そもそもWindows標準アプリを使ってたのはお年を召した方が多い印象なので(偏見)あんまりUIも機能も変えるとかえって使いにくい人が多そう)
    • 多分若いorオタクorPCに詳しい人ならサードパーティーのソフト入れてそうだしそんなに使わないと思う
  • (↑に続き)使いにくい
    • 個人的にはWindowsは元からメイン機が10な人だったのでフォトの画像編集機能は割と手軽でいいと思ってますが逆にWindows7から変えたor勝手に10にさせられた系の人は使いにくい気がする
  • 結論としてほぼ別アプリと化したソフトなんか使いたくないし前のソフト使いたい、特にムービーメーカーは代替がフォトに呑み込まれてるとかそもそも別ソフトじゃないからイメージしにくい

といった層が多数いるのでしょうね…(わかる

そんな状況なのにも関わらずマイクロソフトはこっそりWindows Liveを葬るためにWindows Liveのソフトが入ったWindows Live Essentials 2012(最後のバージョン・Windows8に対応したWindows Liveシリーズ最後のパッケージ)を2017年1月にダウンロード不可能にしてしまいました(せめてペイントみたいにアプデしないけどという前提で置いとけばいいのに本当マイクロソフトはカス)

それで私がどうぜ誰も見なさそうだけどわざわざ記事を書いた理由は、Windowsムービーメーカーがダウンロード出来なくなったことをいいことに既存のムービーメーカーにウイルス(マルウェア)を仕込んだ偽のファイルを配布するサイトがGoogleの一番上に出てそれに感染する人が増加中だ、という事を知ったからです。(ソースリンク)

どうやらダウンロードすると後々「これはお試しですこれ以上使うならライセンスを買え」などと言ってきたり個人データをログで保存して勝手に外部に保存するなど沢山の亜種があるっぽいですが、中でも悪質なのがこのtopwin-movie-maker.comというサイト。

かのWiki先生・公式のMicrosoftよりも広告以外で一番上に表示されています…
これはいけない。しっかり罪を認識しなさい(半ギレ

多分この画面はこのページを見ている人も一度は見たのではないでしょうか?

一見それっぽい外見ですが、なんとなく怪しいし日本語が色々おかしい(白目)

多分SEO対策して上位になる→沢山アクセスされてDLされるので余計上位になる の悪循環(詐欺師からすれば好循環かもしれませんが)で1位になってしまったんでしょうな…(許せ)ないです(激怒)

そんな詐欺師がやるせないので少しでもそのような被害が減るよう、記事を書きました(どうせ見る人も少ないでしょうが)

インストーラーのダウンロードリンク

一応安全にダウンロードする方法がありまして…

Wayback Machineというサイトをご存知でしょうか?

善意で運営されている世界中のサイトを自動でクロールして魚拓(アーカイブ)を取ってくれるサービスです。

当然世界中の人がダウンロードしていたインストーラーですから、魚拓も当然残っています。

そこからダウンロードすれば、まず改ざんされている可能性はないでしょう。

ちなみにこのWayback Machine、他にも閉鎖されたサイトやソフトを(アーカイブされていれば)ダウンロード・閲覧できるので閉鎖されていた時も諦める前に一度検索にかけてみると幸せになれるかと思います。(あとはYouTubeやニコニコの動画の前のタイトルや説明文を知りたい時にも使える(動画自体は見れない事が殆どです))

ただし、元々ボランティアで運営されているサイトでかつアーカイブされたページは検索エンジンに登録されないため、少し見つけるのが困難&ダウンロードがかなり遅いです…(善意で運営されてるからね、しょうがないね(寄付してあげて))

そこで、最近VPSに変えて高速になった私のサイトにもWayback machineからDLしたファイルのミラーを置いておきますので、早くDLしたい人はそちらを使ってください。(一応安全なのは保障しますがもし信頼できないのであればWayBackMachineの方のリンクからDLして、どうぞ)

一応日本語版と英語版の両方、過去バージョンのリンクも置いておきます。

(英語版をDLして日本語化させる方法が書かれてるサイトもありますがダウンロード元が信用に欠けるので日本語版をDLするのが賢明です・英語版なんかわざわざDLするやつはいないと思うのでリンクのみ)

一応旧バージョンはfor XPとかfor Vistaとかになってましたが実際はWindows10でも動きます。

一応安全だとは思いますが元々サポートが切れているソフトですのでダウンロード・実行は自己責任でお願いいたします。

また、Windows EssentialsにはWindows Liveメールなども一緒に入ってくるので何をインストールするか選択する画面が出たら一緒にインストールしてもいいと思います。

また、サポート切れが心配な方は動画編集ソフトはAviUtlという完全フリーの高機能な動画編集ソフトをお勧めしています。

正直UIが古く初心者向けではありませんが、使いこなせるようになればAdobeのソフトにも劣らないほどの映像表現が可能なので、「これからもっとすごい動画作ってようつべやニコニコに上げたい!」という人はムービーメーカーに慣れるよりも先にAviUtlに慣れてしまった方が後々楽に思います(ムービーメーカーは実はほとんど使ったことがありませんが私も違う有料動画ソフト(VideoStudio)を使っていたものの凝った映像表現をしようと思うと完全に力不足だったのでAviUtlに乗り換えた勢なのでね…)

凝ったことしない・スライドショー程度なのであれば逆にムービーメーカーの方が簡単のようには思います。

Windows Essentials 2012 (Windows7・8・8.1向け)

Windows Live Essentials 2011 (Windows Vista向け) 

Windows Live Essentials 2009 (Windows XP向け)

Windows ムービーメーカー2.6 (Liveがつかない方)

最後に、

マイクロソフトはクソってはっきりわかんだね

以上です。

コメント