YouTubeMP3もどき – 寄付のお願い

寄付のお願い

こんにちは、中原電車区のトトロです。

突然で色々厚かましいのですが、ここで寄付のお願いをさせて頂きます…

もしも心優しいお金の有り余っている方がいらっしゃいましたら、是非この貧乏学生にサーバー代を寄付して頂けないでしょうか…(切実)

サーバー使用率

上の画面は2018年12月現在のこのサイトを動かしているWebサーバー(鯖)の状態を表示しているものです。(2018年1月にサーバーを寄付によりある程度スペックアップしたためある程度はマシになっていますが快適に閲覧するには程遠い状況です)

ですが、左からCPU:100%メモリ:97%仮想メモリ(スワップメモリ):71%ストレージ:86%というPC持ってる人なら分かるであろう割とヤバい状態を示しています…

その諸悪の根源は、もはや私のサイトのメインコンテンツと化してきたYouTubeMP3もどきにあります…

特に変換が多い夜の時間帯(以下ラッシュ時間帯)は同時に多数の変換が行われることもしばしばあるため、CPUとメモリを相当馬鹿食いしてしまうのです…(´・ω・` )

な ぜ な の か

実は、正直なところ動画をダウンロードすること自体の処理は重くありません。(レン鯖だけあって回線はかなり早いです)

詳しい方ならお分かりかと思いますが、「ダウンロードした動画からMP3などに変換する」処理がどうしても一番負荷が高くなってしまうんです…

日頃AviUtlとかAEとかPrとか使ってる方々なら大体お察しがつくと思いますが、動画編集はエンコード処理に一番時間がかかります(=CPUとメモリを沢山消費する)

同じように、MP4からMP3に変換する際にも相当なマシンパワーを必要とします

あと、私も以前勘違いしていましたがサーバーとPCは基本同じPCです。

サーバー向けに頑丈ってだけでただのPC(少し語弊がありますが)なので、スーパー牛さんパワーなどある訳がありません。

しかも、サーバーのスペックはメモリは1GBで一般的なノートPCのメモリ8GB・スマホのメモリ3GBに遠く及ばず、
CPUこそVPSなのでXeonというサーバー向けCPUですが、コアが分配されていてメモリ1GBプランであれば2コアしか割り当てられていないので変換はそこら辺のノートPCよりも高負荷になってしまいます…(比較対象があれですが参考程度にCore i5-8250Uは4コア)

MP4とMP3は名前だけは似ていますが中身の音声形式がMP4とMP3で全く別物なので音声だけ抜き取る、みたいにそう簡単には行かないんです…(MP4の音声を抜いたのがM4Aです(Mpeg-4 Audio の略))

そんでもって名前をYouTubeMP3もどきとかいう名前にしてしまったもんですから当然YouTubeをMP3でダウンロードしたい方が多い訳で…()

お陰でラッシュ時間帯にはただでさえ負荷のかかる動画をMP3に変換する処理が同時に多数行われるためコントロールパネルを見ても常にCPU90%以上・メモリ80%以上という残念な状況となってしまっている訳です…

鯖スペック低くね?

そ の 通 り で す 。

普通レンタルサーバーってサーバーの一部を借りてるだけなので好き勝手ソフトは入れられないんですが、私の場合どうしても入れておきたいソフトがあったのとRoot権限が欲しかったのでVPS(バーチャルプライベートサーバー・つまり仮想専用サーバー)を契約しています。

ただ、いくら仮想であって実際に専用サーバーな訳ではないとしても、元々開発者用なので一般のレンタルサーバーよりは割とお値段が張りまして…

ただ、私(管理人)はかなりケチ(それでも金欠)なので、現在運営しているVPSも(どうせそんな人来ないし最安プランでいいや)と最安プランで契約した訳です…(バイトも出来ないし今の最安プランでさえ月630円+コンビニ決済手数料300円払うの割とツラい)

ところが10月から主にYouTubeMP3もどきへのアクセスが右肩上がりでどんどん増加、思っていた以上に鯖が貧弱な事に気づかされました…()

ちなみに契約した最安プランは月630円CPU:1コアメモリ・512MBストレージ:SSD20GBというPC詳しければ一目で分かるであろうクソスペックさ…

WEBサーバーを起動させとくだけなら負荷もあまりない(Apache自体が軽い)のですが、ファイルの変換処理にはあまりにも非力過ぎました…

追記:2018/01/08

記事に反映してなくて申し訳ないのですが、このサーバー内では鉄道総合Wikiという別のサービスも運営しているのですが、
そちらのアクセス数が一気に増えたせいで断続的に鯖落ちしてしまい、まともに閲覧できないレベルになってしまいました…

そのため、サーバーを増強し、前から言ってた1GBプラン(CPU2コア・メモリ1GB・SSD50GB)にサーバーをスペックアップしました(むしろ鯖落ちを直すにはそうせざるを得なかった…(´・ω・`))。

サーバー自体は前より全体的に軽くなり、負荷もある程度減ったかと思います。
ゴールデンタイムにCPUがずっと100%になるのもある程度避けられるようになりました。

その後、とある方から4000円もの寄付を頂きました!!感謝感謝です…
これから数か月は増強した状態で運営できそうです!

つまり何が言いたいのさ結論どうぞ

サーバーへのアクセス数増加により、断続的に鯖が落ちてまともに閲覧できない状態にまでなってしまったため、CPU2コア・メモリ1GB・SSD50GBにサーバーをスペックアップしました。
スペックアップの効果は絶大で、以前よりも負荷がかなり軽くなっています。(CPUがずっと100%になる状態がようやく解消された・全体的に軽い)
ただし、アクセス数が多い分スペック的にはまだまだ非力だと言わざるを得ません…
また、管理人は常に金欠な貧乏学生()なので、月900円+コンビニ払い手数料に上がったサーバー維持費が割と痛いのが現状です…

Conohaカードというプリペイドカードで寄付が可能です。是非、ご検討のほどお願い致します…

蛇足

ただし、スペックアップしたにも関わらず未だにCPUが101%とかになることもあるので、今後ともYouTubeMP3もどき・鉄道総合Wiki・さらに今後開設予定の撮影地ガイドコミュニティなどの新しいWebサービスを開設するにあたって、
YouTubeMP3もどきは常にかなりの負荷をサーバーにかけてしまっているため、仮にさらなるアクセス数の増加でサーバーがまた断続的に落ちるようになってしまった場合、
他のサービスとYouTubeMP3もどきを天秤にかけた場合、YouTubeMP3もどきのサービスを終了することになるかもしれません…

Conohaの説明書き曰く「512MBプランは試験用・1GBプランが小さな開発環境として、2GBプランがWebサイトの立ち上げ用」という風になっているので、一つのVPSに複数のWebサービスを沢山詰め込んでる時点で負荷が高くなるのは当たり前なんですよね……

今まで本当に512MBプランでよく運営できたなってレベルで、
現在の1GBプランでもアクセス数的にスペックが足りないと痛感しているので…

上の写真はGoogleアナリティクスのスクショなんですが、
最近は一日の変換回数が1000回を超える事も珍しくなくなってきていて、現にこのサイトへのアクセス数も右肩上がりで増えています…

もっとアクセス数が増える事は嬉しいっちゃ嬉しいんですが、その分サーバーに負荷がかかるって事なので…悩ましいです…

元々営利目的で運営しているわけではない(個人的な趣味)で運営しているものなので、特に収益とかは考えていないんですが、サーバー代がこのままどんどんスペックアップせざるを得ない状況になると正直営利化(広告を付ける)かサービスを閉鎖して負荷を軽減する他なくなっちゃうのかなあと…

(気が向いたら追記します)

コメント